これからは葬儀にも自分の個性を出す時代に

人生おいて、結婚や出産は誰でも必ず経験することではありませんが、お葬式に関しては必ず全員が通る道だと思います。
とはいえ、本人はすでにこの世にいないわけですから、残された家族などが執り行う儀式になりますよね。
ですから今まではよほどの意思がない限り、本人よりも家族の意向に沿ってお葬式やお通夜を行うケースが圧倒的に多かったでしょう。
でも、ここ数年「終活」という言葉が流行している影響か、自分の葬儀は自分でプロデュースするという方が増えているように感じます。
もちろん、終活には葬儀全般だけでなく、お墓の問題や終末期医療の問題など、幅広い内容が含まれています。
葬儀に関しては、規模の小さな家族葬を希望する場合や、葬儀の際に流してほしい曲、どんな雰囲気のお通夜・お葬式にしてほしいかなどを生前に意志表示しておくケースが多いようです。
実際わたしも、生前の写真をスライドで流したり、好きだった曲を流したり、仕事で使った道具を会場に飾ったりなど、比較的自由な雰囲気の葬儀に参列した経験があります。
これからの時代は、こうやってお通夜やお葬式にも個性が表れる時代なんだなと感じました。