葬儀、告別式に参列する時の服装マナー

葬儀、告別式に参列する場合は男女共にブラックフォーマルを着用します。
男性の場合、黒いスーツに白いシャツと黒いネクタイでネクタイピンはしません。
靴下と靴も黒で、靴は金具や光沢のない物にし、結婚指輪以外の装飾品は控えましょう。
女性は黒のスーツやワンピースで肌の露出は出来るだけ控えます。
足元は黒いストッキングと黒のパンプスでヒールは低いものにし、男性と同様、金具や光沢のある素材の靴は避けます。
またメイクは薄くして髪を止めるピンやゴムは黒で派手にならないように気を付けましょう。
装飾品も基本的に男性と同じですが、女性はパールのネックレスを付けることが出来ます。
その際、2連のネックレスは不幸が2度重なると言う意味合いがあるので、必ず1連の物を選びましょう。
子供は制服があれば制服を着用し、ない場合は黒や紺やグレーなどシックな色を選び、白や黒で無地の靴下を着用しましょう。
冬場のコートは男女を問わず黒や紺やグレーで、毛皮や皮革は殺生をイメージさせると言う理由から避けなければいけません。
ブラックフォーマルと黒のビジネススーツは同じように見えますが、ブラックフォーマルには光沢がなく黒の色がより濃い素材が使われていて、はっきりとした違いがあるので注意しましょう。